men's house『かっこよくなるための情報を発信中』

学生時代に約4年間某セレクトショップでアルバイトをし、今まで洋服につぎ込んだお金は500万円以上!そんな24歳のメンズがファッションを中心に美容や健康など、かっこよくなるための情報を発信しているブログです。“見た目を最適化する先生”として主に『おすすめ商品紹介』『商品レビュー』『コーディネート術』を独自の視点で展開中!!

おすすめ紹介・買い物日記

【コスパがいいビジネスシューズ】スペイン発のバーウィックをレビュー

投稿日:

今回はバーウィックのビジネスシューズを紹介します!

バーウィックといえばコスパがいいと言われますが、実際どうなのか購入し、レビューしていきます!

履き心地や作りの部分も私が感じたままにお伝えします。

「バーウィックのドレスシューズを検討している」「おすすめのビジネスシューズは?」という方は是非最後まで読んでください!

バーウィックとは

【History】
2世紀にわたり革靴の名産地として名を馳せるスペイン南東部のアルマンサにて「Berwick1707」は産声を上げる。
ブランドネームはこの地で1707年に起きたスペイン継承戦争の一つ“アルマンサの戦い”で功績を挙げ、
その名をヨーロッパ中に広めたBerwick公爵を称えたもの。
現地の人々にとって誇りとも言うべき英雄の名を冠することで、スペインらしい確かな物作りを表現し続けている。

【Philosophy

「Berwick1707」のレザーシューズはすべて職人の手仕事によって生み出される。
その卓越した腕を持つ職人だけが成せるグッドイヤーウェルト製法を取り入れ、
一つひとつのクオリティを限界まで高めているのも特筆すべき点。
工芸品にも通じるシューズは見た目の美しさだけでなく、足を通すことで初めて実感できる快適な履き心地も追求している。

【Craftsmanship】

「Berwick1707」のシューズはクラシックでありながらエレガント。
それでいて自社ブランドを愛する職人が手仕事で作り上げる1足は温もりも感じさせる。
中でもPremium Gradeはオーク材のタンニンでなめした、水や摩擦に強い“レンデンバッハソール”を採用。
レザーの魅力を最大限に引き出したクラフトマンシップが世界中の靴好きを魅了している。

https://berwickjapan.co.jp/story

バーウィックはスペイン発の革靴ブランドです。

価格帯的にも、リーガルやスコッチグレインなどと比較されることが多いですね。

低価格ながらグッドイヤーウェルト製法なので、コスパの良さという点で人気を集めています。

革のグレードも比較的いいという声が多いようです。

バーウィックのビジネスシューズを購入した感想・レビュー

では、実際に購入した感想をお伝えします。

結論から言うと大満足です!

たまに作りが雑と言う口コミを見ますが、私が購入したものは雑さを感じることはなかったです。

ウィングチップのモデルを購入したので、どっしりとした重厚感があってかっこいいですね!

横から見たときのシルエットもたまらないくらいかっこいいです。笑

磨けばすぐツヤが出るので革が使われているので、ケアも簡単でした。

ストレートチップなどベーシックなモデルはもちろん、ローファーなどカジュアルめな靴もあります!

肝心の履き心地もかなりいいです。

バーウィックの靴は  グッドイヤーウェルト製法なので、履いていくうちに徐々に自分の足に馴染んでいくのが特徴です。

履き始めは少し革が硬く履きづらいこともありましたが、何回か履くことで徐々に馴染んでくるので、とてもいい靴だと感じましたね!

手入れ次第ではかなり長く履いていただけるかと思います!

【コスパがいいビジネスシューズ】
バーウィック まとめ

今回はバーウィックの革靴を紹介しました。

実際に購入してみましたが、かなりコスパがいい靴だと思います。

「安くて品質の良い靴が欲しい」という方にはオススメできるブランドです!

私が購入したモデル以外にもたくさんのモデルがあるので、興味がある方は是非ご覧ください!

特に、ビジネスシューズやローファーはかなりクオリティが高いので日常使いされる方は本当におすすめです!




-おすすめ紹介・買い物日記
-

Copyright© men's house『かっこよくなるための情報を発信中』 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.