men's house『かっこよくなるための情報を発信中』

学生時代に約4年間某セレクトショップでアルバイトをし、今まで洋服につぎ込んだお金は500万円以上!そんな24歳のメンズがファッションを中心に美容や健康など、かっこよくなるための情報を発信しているブログです。“見た目を最適化する先生”として主に『おすすめ商品紹介』『商品レビュー』『コーディネート術』を独自の視点で展開中!!

香水

【香水】ディプティックのドソンがおすすめ!口コミ/レビュー記事

投稿日:2020/4/12(日) 更新日:

今回はディプティックのドソンを紹介します!

ディプティックの香水は非常に人気で、口コミやレビューもいいものが目立ちます!

香水好きとして試してみたいと思いましたので、購入しました!

「おすすめの香水が知りたい」「ディプティックの香水が気になる」って方は是非ご覧ください!

ディプティックとは

diptyqueディプティック

フレグランスキャンドル、オードトワレ、オー ド パルファン、ソープ、ルームスプレー、ハンド&ボディーウォッシュを中心にした展開。

キャンドルの香りは50種類以上取り揃え、「BAIES:べ」(カシスの葉&ブルガリアローズ) などが人気。良質の香料を使用し、長時間かけて調合する。

香水ではL'Eauが人気となりシリーズ化している。

https://www.fashion-press.net/brands/258

ディプティックの沿革・歴史

1961年に創業。フランスの美術学校、ボザール出身のDesmond Knox-Leet、Yves Coueslant、Christiane Gautrotの3人が集まって、サンジェルマン大通りに店を構えたのがメゾンの始まり。

ブランド開始当初はファブリックを中心としたインテリア雑貨を中心に扱っていたが、63年にオリジナルのフレグランスキャンドルを販売すると、それが大きな評判となった。1968年、オードトワレを発表し、これも人気となる。これを機にブランドの方針を転換。

セレブご愛用のフレグランスキャンドルのメゾンとしての地位を確立。パリ、ロンドン、ボストン、サンフランシスコなどに店舗を構える。

2005年、ロンドンに拠点を置くManzanita Capitalによって買収される。

2013年12月、東京・青山に日本1号店となる旗艦店をオープン。店舗デザインに日本の伝統文化を取り入れている。

https://www.fashion-press.net/brands/258

香り全般のアイテムにおいて大変人気のブランドとなります。

気になっている方も多いのではないでしょうか。

ディプティック ドソンを使用した感想

ローズやテュベルーズの華やかな香りがベースにホワイトムスクが心地よく香る香水です。

メンズ、レディース問わずユニセックスでお使いいただける香りです!

ちょうどいい甘さ加減で、バランスがいいです。

割と万人ウケする香りだと思います。

ローズの香りが程良く主張しているので、ローズの香りが好きな方にはたまらない香水だと思います!

本当にいい香りです!

季節もオールシーズンいける印象です!

ディプティックの香水は基本的にそれほど被らないので、かぶるのが嫌な方にもおすすめです!

【まとめ】ディプティック ドソンはシーンを選ばす使える香水!

今回はディプティックのドソンを紹介しました!

本当にいい香りで爽やかすぎず甘すぎずでバランスの良い香りだと感じました。

ビジネスからプライベートまでいける香水だと思います!

そのため、バランスのいい香りの香水をお探しの方におすすめです!

割と万人受けする方の香りだと思うので、好感度重視の方にもおすすめです!

反対にローズの香りが苦手な方には少し向かないかもしれません…

このブログではファッションを中心に様々な情報を発信しているので、是非他の記事もご覧ください!

本ブログでは香水レビューに力を入れています!他の香水レビューはこちらにまとめております!

-香水
-,

Copyright© men's house『かっこよくなるための情報を発信中』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.